目のストレッチをしよう

ドライアイにならないためにも疲れた目を休ませることは重要です。そのために有効な手段として目のストレッチがあります。この目のストレッチには色々な方法があり、どれも簡単に短時間で出来るものばかりです。疲れた目を回復させるためにも目のストレッチを定期的に行い、ドライアイを予防しましょう。

目をつむってリラックス

目のストレッチの基本は目を閉じてリラックスすることです。こんな簡単なことでと思うかもしれませんがずっとパソコンのモニタなどを見続けている目は自分の想像以上に疲れています。そのためただ目を閉じてしばらくじっとしているだけでも、涙の循環が良くなって目を潤し、栄養や酸素が循環してとても回復するのです。集中によって緊張した目の筋肉も休ませることができますし、全身の疲れも少し取れたような気がします。ただし、そのまま寝てしまったなんて事にはならないようににしてくださいね。
コンタクト生活を楽しむコンタクトStyleを満喫する為にも注意してくださいね。


ホットアイパック

ドライアイや疲労に効果がある方法として、目を閉じて休ませる時に暖かい蒸しタオルをまぶたの上にのせて暖めると、効果があるということが解っています。この方法はとても気持ちが良いので是非やってみてください。やり方としては普通の大きさのタオルを熱いお湯に付けてきつく絞りそれをまぶたの上にのせて数分間ほおっておくだけです。さすがにオフィスなどで仕事中にやるのは難しいと思いますので家に帰ってから自分の部屋でリラックスしているときにやったり、バスタイムの時などに試してみてください。

 

コンタクト通販の決定版情報なのですが、ホットアイパックというものがおススメらしいです。タオルを絞るのが面倒だという方は、こちらを利用するのが良いかも知れませんね。

目のストレッチで血行促進

オフィスなどで集中して仕事をしているとどうしても目は一点だけを見つめてしまいます。これでは目の筋肉が緊張してしまっているため血行が滞って疲れやすくなってしまいます。体も動かさないとどんどん固まってしまって、堅くなっていきますよね。そんな時にはストレッチをするのが一番です。眼球を支える筋肉も体と同じようにストレッチをして動かしてやりましょう。

 

目のストレッチのやり方はとても簡単で、いつでもどこでも出来ます。まず眼球を上下に何回か動かしましょう。それが終わったら今度は左右、そして最後に眼球をぐるぐる回しましょう。こちらも右回りと左回りで両方やります。これだけで筋肉の血行がよくなり気持ちが良いはずです。目を疲れさせないためにも1日1回はこの目のストレッチをやるとドライアイ予防に効果的です。

おすすめWEBサイト 5選

二世帯住宅に強い工務店やハウスメーカー!千葉の注文住宅ランキング!

Last update:2018/3/1

このページはリンクフリーです。どのページからでもご自由にリンクをお張りください。